honor8 バッテリー交換

battery-1.jpg
劣化気味になっていた、honor8 のバッテリー交換をしました。
スポンサーリンク


バッテリーですが、結局自分で互換バッテリーに交換しました。

バッテリー劣化の判断には、デフォルトのカメラアプリを使ったときの挙動で判断できます。

カメラアプリは瞬間消費電力が高いため、劣化していると著しくバッテリーが減るか、バッテリー残量があるにもかかわらず、突然シャットダウンされます。

そのような状態だとバッテリーの劣化はけっこう進んでいると考えて良いでしょう。


honor8 バッテリー交換

バックパネルを外すということがうまく出来れば、youtubeなどにある交換手順通りで交換出来ると思います。



コツは”焦らない”ということです。時間をかけてゆっくり少しずつ進めるのが大事。

難度が高い部分は、最初のバックパネルを外すところです。

ヒートガンが手元になくてもドライヤーでなんとかなると思います。
自分もドライヤーで綺麗に外すことが出来ました。

温めるのですが、一部浮かせることが出来たら、そこにカード(薄いポイントカードなど)を差し込み、その枚数を増やして隙間を広げていく感じです。

硬いようでしたら再び温めてから進めていきます。

これはバッテリーを外すときも同じです。とにかく焦らず少しずつやるとうまくいくと思います。

あと、組み上げる際にメインボード(基盤)にある CPU と筐体の間に熱を伝えるグリスがついてるのですが、硬化していて熱伝導率が下がっているので、余裕があるのでしたら PC 用の CPU グリスを塗り直すと効率よく冷やすことが出来るようになります。

私が購入したバッテリーです。
実際に 2、3ヶ月使ってみてバッテリーの持ちも、以前の純正バッテリーと同じ感覚で使えてます。


他に交換キット付きであれば、レビューなどを見ても、この辺りが良さそうです。


honor8 のバッテリーは、 純正型番 HB366481ECW 。
Huawei の他機種 P9 / P9 lite / nova lite / P10 lite / P20 lite と共通です。



自分で一度分解してしまえば、次回からは格段に作業がラクになるのでハズレを引いても、それほど精神的にダメージはないと思います。

honor8 は性能的に現行の機種に対しても引けを取らない機種。
バッテリーを交換することでまだまだ使えます。



その後、さらに 4ヶ月ほど使用しての状況です。

バッテリーの持ちも交換当初と変わらず、不具合等も発生していません。
自分での交換は、かなりコスパが良いと思います。

ただ、Honor8 は Android 7 までしか提供されていないので、次のバッテリー劣化を感じるより先に OS の限界?が来そうです。

Google Pixel 3a 辺りが次の候補ですかね。


また何かありましたら追記したいと思います。


関連記事
Android7.0 バッテリー異常消費 Huawei honor8
posted by NEO | モバイル | 更新情報をチェックする