ZenFone3 Nexus5X スペック比較表 SIMフリー端末

zenfone3.jpg
ZenFone3 (ゼンフォンスリー)が発売され始めました。

最近では SIMフリー機の認知度も上がり、一般的にも知られるようになりました。
発売後、かなり人気のこの機種、個人的にも非常に気になります。
色々と考察していきたいと思います。
スポンサーリンク

日本版の ZenFone3 は、3グレードあります。

RAM 3GB ROM 32GB でディスプレイが 5.2インチの ZE520KL
RAM 4GB ROM 64GB でディスプレイが 5.5インチの ZS550KL
RAM 6GB ROM 256GB でディスプレイが 5.7インチの ZS570KL

ZS550KL は バッテリー容量など多少の違いはありますが、ほぼ ZE520KL の 5.5インチ版と考えても良いかと思います。
液晶 5.7インチの ZS570KL は、CPU 性能などがかなりアップされた上位版です。

このうち、5.2インチのZE520KL は、すでに発売開始され、私自身も現在使用中の Nexus5 から買い換え機種として魅力を感じています。

後継の Nexus5X も良い機種ですが、先ほど発表になった Pixel のこともあり、今なら Zenfone3 が良いかなと。

もう少し待てれば良いのですが、先日、Nexus5 を落下させ見事に前面パネルを割ってしまい、バッテリーもヘタっているので、そろそろ乗り換えようと考えています。

一番売れ筋となるであろう ZE520KL を Nexus5X と比較しながら、特徴などを見ていきたいと思います。
以下、文中での ZenFone3 は ZE520KL のことです。

スペック比較表
ZenFone3 (ZE520KL)Nexus5X (LG-H791)
OSAndroid 6.0
(ZenUI 3.0)
Android 6.0
CPUQualcomm Snapdragon
625

Cortex-A53 2.0GHz x8

8コア
Qualcomm Snapdragon
808
Cortex-A57 1.8GHz x2
+
Cortex-A53 1.4GHz x4
6コア
GPUAdreno 506Adreno 418
RAM3GB2GB
ROM32GB16GB・32GB
外部SDあり
microSDXC 2TBまで対応
なし
液晶5.2 インチ
1920×1080
IPS
Gorilla Glass 3
5.2 インチ
1920×1080
IPS
Gorilla Glass 3
カメラ1600万画素(OUT)
800万画素(IN)
1230万画素(OUT)
500万画(IN)
無線LANデュアルバンドWi-Fi(2.4G/5G)
802.11a/b/g/n/ac
デュアルバンドWi-Fi(2.4G/5G)
802.11a/b/g/n/ac
2x2 MIMO
対応
周波数
(バンド)
●LTE
1/2/3/5/7/8/
18/19/26/28/
38/39/40/41

● WCDMA(3G)
1/2/5/6/8/19
●LTE
1/2/3/4/5/7/8/9/
17/18/19/20/26/28/
38/40/41

● WCDMA(3G)
1/2/4/5/6/8/9/19
SIMmicroSIM + nanoSIM
nanoSIMスロットはmicroSDと排他
nanoSIM
USBマイクロ USB Type-Cマイクロ USB Type-C
バッテリー2650mAh2700mAh
サイズ 146.9×74.0×7.7mm147.0×72.6×7.9mm
質量144g136g


CPU・メモリ・GPU・内蔵ストレージ

■ CPU
ZenFone3 が Snapdragon 625 。Nexus5X が Snapdragon 808 となります。
Snapdragon では、基本的に一桁目がグレードを表しており、二桁目が発売時期。

Nexus5X の 8シリーズはハイエンド向けですが、世代は ZenFone3 の 625 のほうが新しくなっていて、総合的に見ると ZenFone3 のほうが上になります。

なぜそういうグレードの逆転が起こるかといいますと、CPU は発売時のグレードよりも開発時期が重要であり、新しいものほど、どんどん性能が上がっていくということです。

製造プロセスの違いもあります。
Snapdragon 625 は、14nm で、Snapdragon 808 は、20nm です。
製造プロセスとは、CPU 半導体配線の幅のことで、プロセス微細化によって省電力、低発熱などのメリットがあり、基本的に新しいものほど、プロセスは微細化されていきます。

省電力で熱が出ないというのは、スマホではとても重要なことです。

■ メモリ
ZenFone3 は、3GB 。Nexus5X は、2GB です。
今現在は、2GB でも満足とは言えない時代になってます。
ZenFone3 がもし 2GB であったなら大きく評価が下がったことでしょう。
3GB 搭載は正しいと思います。パソコンなどと違って増設が出来ないものですからね。

■ GPU (画像処理)
ZenFone3 が Adreno 506 で、Nexus5X が Adreno 418 です。
ベンチマーク上では ZenFone3 が上ですかね。

グラフィック性能も世代が変わることで、大きく性能を伸ばすものなので新しいに越したことはありません。
まあ今現在でしたら、どちらもストレスなく使える性能です。

■ 内蔵 ROM
どちらも 32GB です。Nexus5X は、16GB の選択もあり。

ROM は、さすがに現在では、32GB が最低ラインでしょうか。
と言いますが、私自身 Nexus5 は 16GB をなんとかやりくりしていました・・・

■ SD スロット
Nexus5X は、特徴でもありスロットなしです。

ZenFone3 は、最大 2TB までの microSDXC が載せることが出来ます。

液晶・カメラ

■ 液晶
どちらも 5.2インチの IPS 液晶。
解像度 1920 x 1080 の Gorilla Glass 3 です。

余談ですが、Gorilla Glass は、強度が売りですよね。しかし意外とすぐ割れる印象があると思います。

どうしてでしょうか?

実際の理由は、何度か落としたりしているうちに、目に見えない傷がガラスに入ってることが多くの原因だと言われてます。
初回の一発目の落下では、割れてなくてホッとしたことがある方が多いのではないでしょうか。

コワイのは 2度目以降の落下です。傷が入ったガラスはどうしても割れやくなります。

私自身、Nexus5 を割ってしまいました。ちなみに Nexus5 も Gorilla Glass 3 です。
思えば何度も落とした果ての結果でした。
みなさんも気を付けましょう

■ カメラ
ZenFone3 が OUT側 1600万画素、IN側 800万画素。
Nexus5X が OUT側 1230万画素、IN側 500万画素。

ZenFone3 は、光学手ぶれ補正付き。
Nexus5X のピクセルピッチは、1.55μm の大型センサー。ZenFone3 は、1.12μm。

どちらも画質は評判が良いのと、4K 動画撮影可能です。

通信関係

■ 無線LAN
どちらも、デュアルバンドWi-Fi 2.4G と 5G 両対応。
ここらは最近では標準といえるでしょう。

Nexus5X では、MIMO にも対応してます。

■ SIM 使用時の対応周波数
どちらも多くのバンドに対応しており不便はないかと思います。
LTE のバンド 19 にも対応です。

ZenFone3 、 Nexus5X ともに Docomo 系 SIM での使用では、問題ないのですが、au系 SIM での通信・通話は、au VoLTE SIM でないと通話が出来ないので、注意が必要です。
さらに、Nexus5X では、Android7.0 へアップデートの必要があります。

■ SIMスロット
Nexus5X はシングルの nanoSIM スロットです。 ZenFone3 は特徴でもあるデュアルスロット仕様で DSDS 対応。
注意は nanoSIM と microSD が排他利用になるため、microSD 使用時は nanoSIM 側のスロットは使えません。

nanoSIM と microSD を使いたい場合は、安価なアダプタがありますので、microSIM に変換すれば大丈夫です。

USB・他

■ USB端子
ZenFone3 Nexus5X ともに Type-C を採用。
今後、Android 機は Type-C が標準となるでしょう。
ただ、完全移行までにはもう少し時間がかかりそうですね。ケーブル等も高価ですが、変換アダプタもあります。

■ バッテリー
両機種とも、同じ程度の容量ですが、世代の新しい ZenFone3 はバッテリーの持ちも良いようです。
CPU の省電力化等が効いていますね。

USB Type-C 採用で、短時間での充電も実現されるので、従来より快適に使えると思います。

■ OS
ともに発売時には、Android6.0 。
ZenFone3 に関しては Android6.0 ベースのカスタマイズされた ZenUI 3.0 です。

現在は、両機種ともに Android7.0 が提供されています。

総括

普通に見て、ZenFone3 のほうが色々な面で勝っていると思います。
ZenFone3 が発売も 1年ほど新しいので、当たり前といえば当たり前なのですが。

ただ個人的には、Nexus5X の Google 謹製というのが、かなり魅力に感じているので、迷うところなのです。
最新の Android が一定期間、常に提供されることが約束されており、それ自体がとても貴重に思えるので。

また ZenFone3 の OS は、Android ベースのカスタマイズ OS で、素の Android ではなくなっています。
人によっては便利な機能もあるのですが、個人的には最初から余計なものが入っていない Nexus5X のほうが好ましいですね。

Nexus5X のメモリが 3GB でバッテリー容量ももう少しあった。もしくはバッテリー交換可能であれば良かったのにと。

もう少し色々迷ってみたいと思います。
また、どちらかを入手したら、レビューなども。


ちなみに11月15日現在の日本版の ZenFone3 (ZE520KL) の価格ですが、税込 42,000円程度で統一されていて品薄状態です。
こちらは日本版
スマホは、海外と比べていつも日本版が高いのがネックですよね。

気になる並行輸入品の話ですが、日本版との違いはファームウェアが差別化されており、最新ファームウェアでは au系 SIM での通話が出来ないです。
Docomo 系 SIM でしたら問題ありません。

あとはカメラのシャッター音を標準カメラアプリで消すことが可能。ATOKが入っていない等です。

ハードウェア仕様等は同じで、相場は 1万円ほど日本版より安いです。
こちらは輸入版

関連記事
honor8 ZenFone3 スペック比較表 SIMフリー端末

posted by NEO | モバイル | 更新情報をチェックする