Android スマホ 重い 遅い 直す方法

garbage-933108_640.jpg
Android のシステムアップデート後などで、どうも動作が重い、遅い。
そんなときに出来る簡単な 小ワザ の紹介です。
スポンサーリンク

Android6.0 にアップデート出来る機種も増えてきました。
アップデートを境に「なんか調子が悪い。重い。遅い」なんてことがあったとき、キャッシュパーティションをクリアすることで直る場合があります。

他に実際に私が陥った現象で Nexus7 を Android5 にアップデートしようとすると、空き容量が充分あるにも関わらず、容量がありませんと表示されて、アップデートデータをダウンロード出来ないといった不具合が発生し、このときキャッシュパーティションクリアをすることで Android5 にアップデート出来ました。

言葉の通りキャッシュなのでクリアしても、データや環境に影響することはありませんが、これをしたからといって空き領域が増えるということもありません。

システム関係のキャッシュ領域を削除・再構築するというイメージで、一般的に言うアプリ・ゲームのユーザー領域にあるキャッシュとは別のものです。

システム自体に悪い影響もないですので、むしろ定期的にクリアすることで良い状態を保てると思われます。


キャッシュパーティションクリア

その方法なのですが、Android にはリカバリーモードというものが設けてあり、そのモードに突入することでキャッシュパーティションをクリアすることが出来ます。

リカバリーモードへの入り方は Nexus シリーズに関しては記事末に載せました。
しかし機種によって入り方は様々です。
Google で 機種型番 + リカバリーモード を検索することで入り方を知ることが出来るはずです。

では個人的に使用している Nexus5 を例にリカバリーモードの入り方です。

電源を落とした状態から始めます。

音量小と音量大を同時に押しながら、電源ボタンを電源が入るまで押し続けます。
すると上部に「 START 」と表示されます。
start.jpg

ここで音量ボタンの大小を押すことで幾つかの選択肢に切り替わります。
今回はリカバリーモードに入りたいので何回か音量ボタンを押して、
「 Recovery mode 」
を表示させます。

recovery.jpg
決定するために電源ボタンを1回押します。

画面に「コマンドが指定されていません。」と表示されます。
command.jpg

電源ボタンを押しながら、音量大ボタンを1回押します。
画面がまた切り替わり、いくつかのメニュー選択が出てきます。
recovery01.jpg

ここで注意ですが、決して「 Wipe data/factory reset 」を選ばないように。
これは初期化のコマンドなので、実行してしまうと端末が初期化されてしまいます。


音量ボタンで
「 Wipe cache partition 」
をハイライトさせ、電源ボタンを押すと、NoYes を選べるようになるので、また音量ボタンで Yes をハイライトさせ電源ボタンで決定です。

あとは、ひたすら終わるのを待つだけ。
Nexus5 の場合は数分かかります。

終了するとまたメニューが現れます。
「 Reboot system now 」
をハイライトし電源ボタンを押すと通常モードで再起動されます。


Nexus シリーズのリカバリーモード

参考までに Nexus シリーズのリカバリーモードへ入るための操作を書いておきます。

Nexus7、Nexus9、Nexus4、Nexus6、Nexus6P、Nexus5X
→音量小ボタンを押しながら電源ボタンも同時に電源が入るまで押し続ける。

Nexus5、Nexus10、Galaxy Nexus
→音量小、大を同時に押しながら電源ボタンも同時に電源が入るまで押し続ける。

その後、画面に「コマンドが指定されていません。」と表示されたら、電源ボタンを押しながら、音量大ボタンを1回押します。続く操作は上記 Nexus5 の解説と同様に音量ボタンで選択、電源ボタンで決定です。

関連記事
Android6.0 アップデート 隠し機能

Android5.0 やっておきたい便利な設定・小技

posted by NEO | モバイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする