車でスマホを充電 充電器の選び方

driving.jpg
便利な車でのスマホの充電。
スマホやタブレットを充電する際の機器の選び方や注意点など。
スポンサーリンク

Android、iPhone、iPadなどのタブレット、
もう毎日の生活に欠かせないものになっていますよね。

年々、機能は高性能になるのにバッテリーの持ちは、それほど変わっていません。

出先でバッテリー切れになるのを防ぐために、車で充電している方も多いかと思います。
しかし、思ったより充電されないとか、車のバッテリーへの負担が心配。
その辺の解説です。

充電器の選び方

まず充電器の選び方から。

シガーソケットに差込み、USB の端子から USBケーブルでスマホなどに接続という USB充電器が一般的で、通常の車の電圧 12V をUSB規格の 5V に変換するという仕様です。

モノはピンからキリまであり、100円ショップで買えるものまであります。
その違いは作りや耐久性や出力です。

通常充電器の仕様、ラベルなどには「 DC5V 1A 」などの表記がされています。
この「 DC5V 」というのはUSB規格の電圧なので機器ごとには変わりません。

注目する部分は「1A」の部分。
これが大きいほうが短い時間で、たくさん電気を送れると思ってください。

本来のUSBの規格では 500mA しか給電出来ないので、パソコンの USB 端子を使って充電すると、かなり時間がかかります。

スマホなどの充電の仕組みは、コネクタの形状で USB を使っているだけで、通常USB規格の 500mA より高出力の充電器を用意すれば、それだけ短時間で充電することが出来ます。

しかしスマホやタブレット充電用の高出力の充電器が出てきたのは最近のことで、ちょっと古い USB 充電器などは大きいものでも 1A 程度しかありません。

車でスマホやタブレットをナビ代わりに使うときなどは通常よりもかなり電力を使います。
出力の大きくない充電器ですと、充電どころか減っていくこともあります。

ここまでで大体わかっていただけたかと思いますが、充電器は出力アンペアの大きなものを選びましょう。
これは家庭用の充電器でも共通です。

ただ、表記上の出力が充分でも実際の使用状況で負荷がかかった場合に仕様通りの出力が出ないものや、仕様の表記自体に信頼性がないものもありますので、商品レビューなどを参考に選ぶことをおすすめします。


USBケーブルの選び方

そして注意点があります。
充電に使用する USBケーブルです。これが抵抗となりスマホまで効率良く電気を送れないことがあるのです。

これはとても重要で、効率の良いケーブルとダメなケーブルで、充電時間にかなりの差が出てきます。

見た目で細いケーブルは、物理的に中の芯も細いため、充分に電気を送ることが出来ないので、充電用途に限っては、避けたほうが無難です。

ただ、見た目が太いものでも外側の被膜が厚いだけで、肝心な中の芯は太くない、または抵抗が大きいといったケーブルも多いです。

最近では、このケーブルによって充電時間が変わるということが、注目され始めていて、メーカーでも充電に適したUSBケーブルを開発されてきています。

そういった USBケーブルは、その旨がパッケージや商品説明に書かれていますので、そのようなケーブルを選択するのが良いでしょう。
例として、下記のようなケーブルです。


あと、充電器本体からケーブルが直出しのタイプもあります。
これが良いかどうかは製品によりけりなので、一概には言えません。

しかし、ケーブルの取り回しや、ケーブル自体が断線・コネクタ部の破損などしやすいものでもありますから、USB 出力端子の充電器と USBケーブルを組み合わせて使うのが良いと思います。


100V変換機による充電

もう一つ、USB充電器を使うほかに、家庭用電源( 100V )変換機で一度変換してから、家で使っている充電器を使う方法があります。

しかし通常、車で使われている電力は12Vなのですが、それを一度 100V に変換してから、さらに 5V に変換という二重のロスが発生するので、無駄が多いです。

これは、
「家のコンセントで使っている充電器の充電時間がすごく早いからどうしても!」
というのでなければ、この 100V変換機の価格も意外と高く、設置場所も取りますので、あまりおすすめ出来る方法ではありません。


車のバッテリーへの負担

車のバッテリーへの負担ですが、エンジンがかかっていれば、車の発電機が充分な電力を発生しているのでスマホの充電ぐらいは、全くと言っていいほど負担になりません。
この心配をする必要はないといっても良いでしょう。

ただし、エンジンをかけない状態( ACC )での充電は車のバッテリーから直接充電していることになり、長時間給電するとバッテリー上がりの原因にもなります。
特に上に書いた家庭用電源変換機は消費電力が大きいです。


上手に充電すれば車での充電は、とても便利ですのでぜひお試しを。

更新日: 
タグ:android iPhone
posted by NEO | モバイル | 更新情報をチェックする